2000年代から2010年初めの日本のゲーム市場を代表するゲームの1つです。

歴代シリーズの売り上げ

 

モンハン歴代シリーズのロゴ

 

モンスターハンターには据え置きのPlayStationやWiiや携帯ゲーム機の3DSでやる「モンスターハンター」シリーズと、PlayStation Portableなどの携帯ゲーム機でやる「モンスターハンターポータブル」シリーズと、オンライン専用の「モンスターハンターフロンティアオンライン」シリーズと、スピンオフ作品の「ぽかぽかアイルー村」などのシリーズと、スマートフォンなどのアプリのシリーズなどがあります。

 

モンスターハンターシリーズのなかでも「モンスターハンターポータブル」シリーズや「モンスターハンター3」および「モンスターハンター3G」は人気が高く、日本での売り上げが100万本を越えています。

 

モンスターハンターシリーズの中でも3DSの「モンスターハンター4」や「モンスターハンタークロス」は約400万本売り上げています。
モンスターハンターポータブルシリーズの中でも、「3rd」は日本国内で約500本、「2nd G」は世界累計で約487万本の売り上げとなっています。

 

モンスターハンターシリーズは、PlayStationやWiiなどの据え置きゲーム機用のソフトよりも、3DSやPlayStation Portableなどの携帯ゲーム機用のソフトの方が売り上げが高くなっています。
その訳はそばにいる友達などと同じクエストをプレイできるところなどにヒットの要因があったものと思われます。

 

全世界でのモンスターハンターのシリーズ累計は約3300万本の売り上げとなっており、2000年代から2010年初めの日本のゲーム市場を代表するゲームの1つとなっています。
一番最初に出た「モンスターハンター」はPlayStation2専用ソフトで、売り上げは約30万本ですから、携帯ゲーム機などで発売されて爆発的なヒットをするようになったゲームシリーズです。