2010年にPlayStation Portable用で「モンハン日記ぽかぽかアイルー村」が発売されました。

スピンオフ作品

モンスターハンターシリーズにはメインシリーズとポータブルシリーズ以外にスピンオフ作品も出ています。スピンオフ作品には、モンスターハンターに登場する猫人間の「アイルー」が主人公になったものと、シリーズ初のRPGがあります。

 

モンハン日記ぽかぽかアイルー村

一番最初の「モンハン日記ぽかぽかアイルー村」は、2010年にPlayStation Portable用で発売されました。
モンスターハンターよりもかなりかわいい絵柄の2頭身のキャラクターとなっていたり、モンスターハンターは狩り中心のゲームですが、アイルー村は村づくりなどのほのぼの系のゲームとなっており、女性や子供でもプレイしやすい内容となっています。

 

モンスターハンター同様、クエストを行う事もでき、モンスターの撃破やアイテムを手に入れる事が目的となっています。
場面に応じて前進・攻撃・採集・食べる・催眠術などの提案アイコンの中から適切なものを選択して、クエストを行います。

 

クエストには最大12匹のアイルーを連れて行く事が出来ます。体力ゲージではなく「やる気ゲージ」となっており、ゲージがなくなるとクエスト失敗になります。

 

ゲームの通信機能を利用して、同時に最大4人でプレイする事が出来たり、他のプレイヤーのアイルーを村に招待する事が出たりすることもできます。

 

モンハン日記ぽかぽかアイルー村には、バージョンアップ版の「モンハン日記ぽかぽかアイルー村G」が2011年にPlayStation Portable用ソフトで、Gのバージョンアップ版として「モンハン日記ぽかぽかアイルー村DX」が2015年にニンテンドー3DSで発売されています。

 

アイルーを主人公にした他のゲームでは、落ち物パズルゲームの「アイルーでパズルー」が2012年にPlayStation Portable用ソフトとして発売されています。