据え置き機のゲームよりも、携帯ゲーム機用のソフトの方が売り上げが高くなっています。

なぜモンハンは売れたのか

モンスターハンターはシリーズ累計で約3,000万本売り上げた人気ソフトです。なぜモンスターハンターはそんなに人気があるゲームシリーズになったのでしょうか?

 

一番最初のモンスターハンターは2004年にPlayStation2用で発売されました。モンスターハンターの売り上げは約30万本であり、大ヒット、というには物足りないものでした。
爆発的に売り上げたのは2005年にPlayStation Portable用に発売された「モンスターハンターポータブル」です。

 

内容は2005年にモンスターハンターの2作目としてPlayStation2で発売された「モンスターハンターG」をリメイクした作品で、日本国内で約112万本売り上げました。
それまでのモンスターハンターはPlayStation2用など据え置きのゲーム機で発売されたため、基本的に「ソロプレイ」で「自宅」で行うものでした。

 

ところが「モンスターハンターポータブル」は携帯機のPlayStation Portable用のゲームで、場所を選ばずにどこでもできることと、通信機能を利用して「協力プレイ」を行う事ができるようになりました。

 

その続編で2007年に発売された「モンスターハンターポータブル 2nd」は約172万本、2008年に発売されたグレードアップ版の「モンスターハンターポータブル2nd G」は約410万本、2010年に発売された「モンスターハンターポータブル 3rd」は約450万本と、売り上げをどんどん伸ばして行く様になりました。

 

2013年にニンテンドー3DSソフトとして「モンスターハンター4」が発売され、約400万本売り上げました。
このように、モンスターハンターは据え置き機のゲームよりも、携帯ゲーム機用のソフトの方が売り上げが高くなっています。